2019年02月27日

スポーツ用品の株式会社タイガースポーツが破産手続き開始

昨年から事業を停止していた、スポーツ用品店運営の株式会社タイガースポーツ(住所:鹿児島県志布志市志布志町志布志2-9-3、代表取締役:牛島ヒサ子)が、2月4日、鹿児島地裁鹿屋支部において、破産手続きの開始決定
破産管財人には、本田貴志弁護士(弁護士法人鹿児島中央法律事務所加世田支所)

同社は昭和35年創業で、主に法人販売を行っており、学校へのスポーツ用品、体操服、柔道着など卸していたが、少子化や需要の低迷などで売り上げが減少していた。

負債額は約3億円
ラベル:志布志市 倒産
posted by zakkan at 22:39 | 倒産・破産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする